にきび(ニキビ)は思春期だけではありあません。大人のにきびは跡が残ります。顔だけでなく背中などにも・・・

大人のにきび(ニキビ)予防

にきびの原因

「にきび」がどのようにしてできるのかはおわかり頂けたと思います。それでは、何が原因でにきびができてしまうのでしょうか。なぜ 思春期ににきびができやすいのか、なぜ最近は大人でもにきびができやすいのかを考えていきましょう。

通常にきびというものは思春期に出るものです。それは、思春期になると、男性ホルモンのバランスが微妙に多くなって、皮脂の分泌が盛んになるからです。皮脂の分泌が盛んになることにより、毛穴が詰まり、そこへアクネ菌が増殖して炎症を起こしてしまい、にきびができてし まうのです。

こういった思春期のにきびに関しては、誰でも普通にできてしまうことで、正しい洗顔をしていればあまり問題になることはありません。

しかし、大人のにきび、いわゆる「アダルトニキビ」となるとちょっと厄介です。

大人のにきびというのは、とにかく様々な要因が絡み合ってできてしまうのです。そして治りにくいというのが特徴です。 大人のにきびは原因が様々なため、どういった原因でにきびができてしまっているのかを見極めることも重要です。

大人のにきびの原因と考えられるものは以下の通りです。

ストレス ストレスによってホルモンのバランスが崩れると、皮脂が過剰に分泌されやすくなります。
食生活 食生活の乱れにより、ターンオーバーが低下して、角化が生じて毛穴がつまりやすくなります。
メーク メーク落としが不十分だと、肌に残ったメーク汚れが毛穴にひっかかって毛穴がつまりやすくなります。
乾燥肌 肌が乾燥すると、バリア機能が低下して細菌が繁殖しやすい状態になります。

他にも遺伝的要素や紫外線、便秘、生理なども大人のにきびの原因として考えられます。
 

Menu


大人のにきび予防 HOME

にきびって何もの?

にきびの種類

にきびの原因

にきび予防・対策法

にきびケア商品

にきび治療

リンク

お問合せ